{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011498744779   整理番号:68A0192253

保守機能の開発 保守の生産性に及ぼす経営者の影響

Developing the maintenance function the influence of operators on maintenance productivity.
著者 (1件):
資料名:
巻: 50  号:ページ: 42,45-46  発行年: 1968年
JST資料番号: D0280A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
経営者とはここでは工場長の立場にあるものを指す。工場操業の年間経費総額のうちで保守関係は7-14%,金額では1,000-3,000万ドルに該当する。日常の保守スケジュールで経営者は(1)これから開始される仕事,(2)まさに着手に入った仕事など要するに仕事の現況と推移の実態をは握していなければならぬ。よくあることだが,経営者が保守の仕事の足手まといになってはならぬ。実際上は経営者は保守の仕事(に限らず)の旗振りなのだから,毎日保守部長とよく話合って”24時間の平和条約”でよく意思を疎通させ,保守の仕事に理解を持つことが保守作業の能率向上のための要件となる
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る