{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011504021385   整理番号:68A0335076

除草剤中のひ素の温州ミカンに対する経根吸収

著者 (6件):
資料名:
ページ: 130-132  発行年: 1966年
JST資料番号: G0600A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
杉山温州4年生鉢植1区4連,処理薬量5kg/10a,希釈液150l/10a,7月上旬と10月下旬処理,11月下旬採果の方法で,除草剤カコジル酸(CH3)2AsOOH中ひ素の果実移行を究明するため試験した結果,処理区で果実に吸収されたAs2O3の量はごく微量であるが,果実中濃度は7月処理(平均0.38ppm)>10月処理(平均0.26ppm).リンゴのAs2O3の残留許容量は3.5ppmであり,As2O3として0.2~0.6ppm程度は一般の鮮魚や果物にも含まれているので実用上問題はない.
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る