{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011509534607   整理番号:68A0328781

タバコの葉の実質組繊細胞の無傷ならびに活性状態での単離

著者 (3件):
資料名:
巻:号:ページ: 115-124  発行年: 1968年
JST資料番号: F0964A  ISSN: 0032-0781  CODEN: PCPHA5  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
形態学的に無傷で,かつ生活活性を保育している生きた細胞のホモジネートは生化学的,生理学的,細胞化学的に応用価値が大きいと考え,タバコの葉からの分離を試みた.タバコの葉に,一時的にペクチナーゼを作用させ,葉の実質組織細胞を急速に分離することに成功した.この分離した細胞の50~90%は形態学的に無傷であり,セルラーゼ処理により球形の原形質となった.またこの細胞が生活活性を有していることはタバコモザイクウイルスを接種したタバコの葉を同様の方法にて分離した場合,ウイルスの増殖が観察されることにより確認した:参14
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る