{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011533773574   整理番号:68A0114656

振動周波数,遠心伸縮およびCoriol結合定数の結合利用によるNF3,PF3およびAsF3の一般的力の場

General forcefield of NF3, PF3, and AsF3 by the combined use of vibrational frequencies, centrifugal stretching, and coriolis coupling constants.
著者 (1件):
資料名:
巻: 47  号:ページ: 2823-2828  発行年: 1967年
JST資料番号: C0275A  ISSN: 0021-9606  CODEN: JCPSA6  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
NF3,PF3,およびAsF3の一般的力の場を決定する試み中に見出されたゼータパラメータと遠心ひずみ定数の間のずれの可能性のある原因について解析を行なった。v2の曲げモードの大きな非調和性は他者により得りられた様な結果にもとずくものではない。両者の差は,v4の曲げモードが,かなり非調和性であると仮定すれば小さくなる。PF3がASF3の様な結合角が小さい場合には,赤外とマイクロ波のデータ間に一致が見られる;写図7表6参23
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る