{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011538680779   整理番号:68A0189927

ポリアクリロニトリル繊維の湿式紡糸での拡散過程についての研究 II境界条件の実験的試験

Untersuchungen zur Diffusion beim Nassspinnen von lolyacrylnitrilfasern.II.Experimentelle FrUfunc der Randbedingungen.
著者 (2件):
資料名:
巻: 19  号:ページ: 33-36  発行年: 1968年
JST資料番号: B0525A  ISSN: 0014-8628  CODEN: FSTXA7  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 東ドイツ (DDR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ジメチルホルムアミド溶液からのポリアクリロニトリル繊維の湿式紡糸での拡散過程について研究。紡糸中繊維は一定半径の円筒形である。落下浴は凝固中一定であり,落下浴中で繊維表面での沈でんおよび溶解試薬の濃度は同じで平衡である。沈でんおよび溶解試薬の拡散係数は濃度に依存しないで凝固中一定であるとしてCrankの拡散の式を適用する。Crankの式を適用することによって生ずる境界条件を制限することができることを示す。これにより起る問題点と実験方法について討論;図1表6参13

前のページに戻る