{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011542130783   整理番号:68A0066672

球形液体水素タンク貯蔵の自己加圧に及ぼす重量の影響

Effect of gravity on self-pressurization of spheri-cal liquid-hydrogen tankage.
著者 (1件):
資料名:
号: D-4286  ページ: i,1-18  発行年: 1967年
JST資料番号: B0433A  CODEN: NASCA   資料種別: 技術報告 (T)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
過去数年間,ルイス研究センターはゼロG研究の計画に従事した。すなわち,減小した重力状態の下で極低温および非極低温液体の静的および動的挙動を決定するため,2.2秒の落下塔および,エヤロビーロケット,アトラス化学乗客ポッドを使った。球形タンクは23cm直径の大きさであった。内容は理論上の圧力上昇と熱伝達の解析,断熱配置実験研究,装置と手順,通常重力試験結果,減小重力試験結果の液体水素加圧実験研究等より成り,結論として正常重力状態下の圧力上昇率は減小重力時よりも,液に濡れた壁面積が増加し,対流熱伝達が減小するため,より大きい等を述べる;図6 参10

前のページに戻る