{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011542710313   整理番号:58A0057823

小数の量子化階段数を使った音声の伝送

Sprachubertragung mit Quantisierung in wenigen Stufen.
著者 (2件):
資料名:
巻: 11  号:ページ: 389-392  発行年: 1958年
JST資料番号: D0204A  ISSN: 0948-728X  CODEN: NAZEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
量子化階段数を少くした場合の音声の伝送を研究し,入力電圧の限界値と復調した出力電圧の振幅(共に波高値)を量子化に利用した.この場合の最良の入力電圧限界値と最良の出力電圧は実験的に定めた.音声の明りょう度は量子化階段数が偶数のときの方が奇数のときより良い.階段数を耳にすれば調整最良の場合には間に合う
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る