{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011557451713   整理番号:68A0055739

安全評価に対する事例としてボイラ燃焼装置での現場経験

VYField experiences with combustion equipment for boilers tfith particular reference to safety measures.
著者 (1件):
資料名:
巻: 181  号: Pt3N  ページ: 61-6766  発行年: 1967年
JST資料番号: B0921A  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 文献レビュー  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ボイラの運転に次の事柄が大切である。(1)点火,(2)炎を見てボイラの運転状態を判断,(3)安全のための巡回,(4)炎の安定度,(5)炎の形状などの判断と行動,が必要である。以上の事項を詳記。また,ボイラに起り得る事態については,あらゆる場合を想定して,その燃焼経験を積んでおく必要がある。本誌104~118pに討論;写図4表1
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る