{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011557547737   整理番号:68A0010973

測定された境界から磁場の計算に応用されたalternating direction implicit

An alternating direction implicit method applied to the calculation of a magnetic field from a measured boundary.
著者 (3件):
資料名:
巻: 56  号:ページ: 61-68  発行年: 1967年
JST資料番号: D0208A  ISSN: 0029-554X  CODEN: NUIMA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
磁場の成分の値が境界において与えられている場合に格子内の磁場成分を計算する問題にalternating direction implicit (ADI)法を適用した。長いレンズ・スペクトロメータの軸対称な場合の計算を行ったが,多次元の場合に拡張できる。測定における系統的および確率的誤差を考えればADI法は全領域で磁場を測定するよりも正確な磁場を与えることが示された。サイクロトロン計算や各種の型の磁気レンズを調べるようなある領域内の磁場を精確に決定する場合にはきわめて有効である;図6表2参8
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る