{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011568166956   整理番号:68A0193492

エーロゾル化粧品:可能性はなお無限I

Aerosol cosmetics possibilities still unlimited.I.
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 29-30,50  発行年: 1968年
JST資料番号: B0832A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
エーロゾル包装は化粧品市場の膨張により自然的に伸張した。ヘアスプレー,ひげそ用用クリーム,発汗防止剤および防臭剤に対する成功が伝えられている。しかし著者は主婦の要求その他の例をあげてな澄不十分であることを説き,革新的精神の改造についてエーロゾルの容器やバルブの使用の実際性,市場性を研究室の人々によって解決し,すべてのエーロゾルの便宜を満きっさせること。新製品に対するアイデア,エーロゾル棒口紅製造の研究(現在1本の原価15~35セントを参考として)マニキュァ剤を噴射させる問題,パスオィルを例としてエーロゾルの競争的であることを解明
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る