{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011594645323   整理番号:68A0019965

アレン,エチレンとそれらに関連した糸の回転障壁の理論

Theoretical study of the rotational barriers of allene ethylene and related systems
著者 (1件):
資料名:
巻: 48  号:ページ: 1368-1379  発行年: 1968年
JST資料番号: C0275A  ISSN: 0021-9606  CODEN: JCPSA6  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
標記の回転ポテンシャル面をGaussian群軌道の基底集合を使ってab initio SCFMO計算によって調べた。表記の二つの系のMO’sをC-C結合のまわりの回転に対するAO’sの挙動にしたがって二つの種類σまたはπにわけることができる。こうして標記の障壁に関する一般的な定性的な理論を次の二つのことをもとにして発展させることができる。アレンとエチレンにおけるσMO’sは水素の回転によって本質的に変化しないことと二つの分子の四つの最も安定なπMO’xのおのおのの間に1対1の対応があることとである。さらに障壁は定量的な計算にCI法を導入すると変ってくる。したがって配置相互作用による回転ポテンシャル面の変化を考慮することにより定性的理論を改良できる;図6表7参32
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る