{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011602711772   整理番号:68A0151663

放射線グラフト共重合における単量体反応性比

Monomer reactivity ratios in radiation graft copolymer-zation.
著者 (2件):
資料名:
巻:号:ページ: 668-674  発行年: 1968年
JST資料番号: D0122B  ISSN: 0032-3934  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
各種重合体への各種組合せの単量体(M1とM2)のγ線開始グラフト重合について検討した。単量体スチレン-アクリロニトリル系を詳細に検討し,重合体は分子量2000のポリエチレン粉末,分量370のワックス,分量量200.000の成型フィルム,ポリ塩化ビニ粉末,ポリメチルメタクリレートペレット,ポリテトラフルオルエチレン,酢酸セルローズフィルムを使用した。各種グラフトされた共重合体の組成と,非グラフト重合から得たr1,r2値ょり計算で求めた組成との差をみた結果,ポリテトラフルオルェチレンの場合の低重合度のグラフト化の時にのみ差違がみられた。開始反応は重合体表面で起っている。高重合度のグラフト化では異常性はみられない;写区6参15
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る