{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
文献
J-GLOBAL ID:201602011610986349   整理番号:58A0055443

電圧,周波数変動が消費電力におよぼす作用

Influence des variations de tension et de frequence sur la charge absorbee par les consommateurs.
著者 (1件):
資料名:
巻: 49  号: 13  ページ: 570-576  発行年: 1958年 
JST資料番号: B0123A  CODEN: BUSEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: スイス (CHE) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
1958年4月24日スイスのベルンで開らかれたスイス電気学会の席上公表されたもの。発電機構,機械の慣性モーメントGD2と送電線の負荷の変動,および周波数の変動との間に1つの関係があることを示し,電圧,周波数の変動が負荷に対して如何に影響するかを示し,それらの線図の〓き方を説明する。負荷の周波数依存度を知ることは回転機械の慣性モーメントの科学的な測定によると結論づけている
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る