{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011611365470   整理番号:60A0124100

ライン左岸Erft地方の地下水低下とそれがこの地方黄土ローム質土じょうにおよぼす影響

Die Grundwasserabsenkungen in linksrheinischen Erftgebiet und ihr Einfluss auf die Ertragsfaehigkeit der dortigen Loesslehmboeden.
著者 (1件):
資料名:
巻: 12  号: 10  ページ: 347-360  発行年: 1960年
JST資料番号: H0038A  CODEN: WUBOA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
栽培物根系と地下水位・毛細間げきとの関係,ローム質土じょうでの毛管水上昇高さおよび速度を論じ,過去における収獲調査および試験地試験から,従来における地下水影響の過大評価をただして降雨状況の重要性を説き,高度の土地被覆効果をねらってむしろ広幅で深い散水設備を避け小規模のものに頼るべきものと結論;写5表5参17

前のページに戻る