{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011613710816   整理番号:68A0038166

圧電性半導体による音波発生と検出の一つの可能性

ОБ одной возможности генерации и приема звука в пьезополупроводниках.
著者 (5件):
資料名:
巻:号:ページ: 1202-1204  発行年: 1968年
JST資料番号: R0267A  ISSN: 0015-3222  CODEN: ETPPA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
圧電性半導体の表面担体空乏層を電気音響変換に利用する可能性をしらべた。Kの表面空乏層は表面電場効果によって作ることができる。CdSとGaAsを使って20~100Me/sで実験を行い,信号の電場依存性をしらべた;図1参8
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る