{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011614479735   整理番号:68A0151601

好塩性細菌の無細胞アミノ酸取り込み系

A cell-free amino acid incorporating system from an extremely halophilic bacterium.
著者 (2件):
資料名:
巻:号:ページ: 2249-2256  発行年: 1968年
JST資料番号: B0270B  ISSN: 0006-2960  CODEN: BICHAW  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
Halobacteriun cutirubrumから無細胞系を抽出。これは,17のアミノ酸のそれぞれをリボソーム1mg当り10-l00μμモル熱トリクロル酢酸不溶物質に取り込む。この系にはATP,ホスホエノールピルビン酸,GTPおよびリボソームを必要とし,すい臓リポヌクレアーゼとプロマイシンに感受性をもつ。加えるポリウリジル酸量に応じ214C-フェニルアラニンの取り込み量が増加。この事実はアミノ酸の取り込みが真のポリペプチド合成を表す事を暗示。この系の至適Mg2+濃度は0.02-0.04M,いちじるしく好塩性で,最大の活性を得るためには38MKCl,1MNaCl,および0.4M NH4Clが必要;写図5表6参24
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る