{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011638258942   整理番号:68A0033621

インジウムをドーフ.したハロゲン化アルカリのA吸収帯のゼーマン効果(英文)

著者 (3件):
資料名:
巻: 24  号:ページ: 1405  発行年: 1968年
JST資料番号: G0509A  ISSN: 0031-9015  CODEN: JUPSA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
KCI:In,KBr:In,KI:InのA吸収帯のゼーマン効果を研究した。TOYOZAWAとINOUE(同誌〓1289(’65))の理論を考慮して,Aバンドを2成分のバンドに分界し,光子エネルギーに関して低エネルギー成分を微分した。ゼーマン効果は縮重状態でのみ観測され,吸収帯のかたいシフトをゼーマン分裂の結果と仮定するとき,縮重バンドの円二色性スペクトルは吸収帯の微分に近くなければならない。全体として円二色性の結果はTOYOZAWZ-INOUE理論を確証した;写図3参2
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る