{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011654752450   整理番号:68A0133593

ホスホリル化クロラールアセタールの合成および性質と変換

О получении фосфорилированных ацеталей хлора-ля,их свойствах и превращениях.
著者 (4件):
資料名:
号:ページ: 593-602  発行年: 1968年
JST資料番号: R0042A  ISSN: 0002-3353  CODEN: IASKA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
クロラールへミアセタールをクロリド亜りん酸ジアルキルと反応させ3価んん原子を含むホホホリル化クロラールアセタールを高収率で収得。同様の方法で12種の亜んん酸ジアルキル(1-アルコキシ-2,2,2-トリクロルエチル)(I)を合成し定数を提出。Iをいわう凝よび酸素と反応させ相当する参ん酸蕩ステルおよびチオりん酸エステルを収得。Iを臭化ベンジル,塩化ベンジル,クロラールなどと反応させ種々の転位反応が進行することを確認。これらの反応機構を検討提出し収得化合物をIススペクトルで確認;写図2表6参12
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る