{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011666082868   整理番号:68A0308003

比率/スキップのロット抜取一政府製品立証への新しいアブローチ

Ratioskip lot sampling.A new approach to govern-ment product verification.
著者 (1件):
資料名:
ページ: 53-59  発行年: 1968年
JST資料番号: H0179B  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
国防総省の品質保証機能における検査業務の縮減の基盤に関する検査方策を設定する技法として,本抜取検査計画の内容やその手順を具体的に図解説朋してその有用性を強調する。抜取比率,本方法の運用様態(ロットフロ一),時間の関数としての全体的検査活動の様子,検査の信頼水準を縮減するために許容できる最大の欠点数,などに注目して一般的な検討を行ない,MIL-STD-105における標本数に比べてわずか1/32の標本数で製品品質を保証できることを明らかにすると共に,本方法の歴史的成立過程とその周辺的諸事項を吟味する。MIL-STD-414ょどとの関連性にも付言する1写図3

前のページに戻る