{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011671747894   整理番号:68A0314321

果実野菜の放射線処理

Irradiation of fruits and vegetables.
著者 (3件):
資料名:
ページ: 1-23  発行年: 1967年
JST資料番号: Z0000A  資料種別: 不明
記事区分: 原著論文  発行国: その他 (ZZZ) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
DID部会(D ivis ion of 工sot ope D evelopmentJでは,マッシュルームの貯蔵性の向上,かんきつ類の照射と加熱の併用法,熱帯果実の殺虫,イチゴの腐敗防止効果などか取り上げられた。魚介類の照射処理では,lOO-aOOkradでも腐敗防止効果が認められ,とくにカキ,平目などは有望な対象物である。肉類の照射ではすでに企業化がすすめられており,工rradiated Food P roductsCo.,のパイロットプラントでは法的許可の下り次第100万1bのハムの照射をおこなう体制にある。DBM部会(D i vis ion ofB i ology and Medio ine)では,ミオグロビソ,脂肪の照射と化学的な変化,果実の照射と組織および生理代謝の基礎的な研究がおこなわれている。照射臭の問題は魚を用いて,また照射食品の病理的研究は果汁,ツユークp-ス溶液についておこなわれている。食中毒に関しては,SαX77xθn,Xいα。かrid iumなど菌の放射線抵抗性,および他の方法との併用効果か検討された(梅田圭司)
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る