{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011698482787   整理番号:68A0306432

180mmHgの環境下で一定の継続運動を行なった人の生理学:血液学的,心循環学的,臨床的観察

Physiology of man during steady-state exercise in a 180mm.Hg environment hematologic,cardiovascular and clinical observations.
著者 (3件):
資料名:
巻: 39  号:ページ: 587-592  発行年: 1968年
JST資料番号: D0016C  ISSN: 0001-9402  CODEN: AEMEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
宇宙服を着た人が運動を長時間行なう場合の環境気によるレスポンスを明らかにするため6名の被検者をPo2162mmHg,Pco27.6mmHgPH2O8.7mmHg,PN21.6mmHgの環境下で100ワット負荷したペダルを踏み(333kcal/hr相当)を連続3時間行ない最高・低血圧,心拍,へモグロビン.へマトクリット,血液像所見,SGOTレベル,減圧症の発生の有無等を観察しいずれも異常を認めなかった。全圧180mmHgの与圧服で中程度の運動負荷生理的障害は起らないと結論;写図1表3参27

前のページに戻る