{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011728662289   整理番号:68A0044461

金属はく熱しゃへい

Metallic foil insulation.
著者 (2件):
資料名:
巻: 181  号: Pt31  ページ: 235-23825126566  発行年: 1967年
JST資料番号: B0921A  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
原子炉熱しゃへいは,ガスの流れ,貫通管群,炉心支持などの付設物により,きわめて厳しい条件が必要とされる。厚さ0.004 1nのs/-ル用金属はくを熱しゃへい材とし,ての特性を検討し,さらに条件に適合すべく改良を加えた。その結果,狹い密封空間断熱特性の優秀性より,大空間温度こう配大なる場合にはこれらを重ねて行なうことにより改善された。また気体の凝結によるはくの腐食は,適度なペンキを塗布することによりさけられた。金属はくを原子炉熱しゃへいに応用できる見通しがついた。討論P.251,265に掲載;写図1参2
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る