{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011751790790   整理番号:68A0261091

風速と応力の測定に対するブイの運動の二,三の影響

Some effects of buoy motion on measurements of wind speed and stress.
著者 (1件):
資料名:
巻: 73  号:ページ: 507-512  発行年: 1968年
JST資料番号: C0294A  ISSN: 0148-0227  CODEN: JJGRDA  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
過去数年間,風速こう配とレイノルズ応力の多くの観測を海上で行なってきた。これらの測定におけるブイの運動の効果は,うきから得られる結果と,固定マストあるいは塔によって得られる結果との間の差の原因であるらしい。振動する傾きが10°以下であるとすると,ブイ運動の効果は無視できる。20°のオーダならは,に対して15%,u2に対して8%であり,30°のオーダならば,に対して25%,u2に対して20%であった。乱流速度成分とブイ運動によって作られる成分の間の相関から生ずる誤差は約10~20%であった;表1参5
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る