{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011759635395   整理番号:68A0170186

Basacryl(アクリル)とインタ’ンスレン染料によるポリアクリロニトリルとセルロース繊維の混紡品の1浴堅ろう染色

Uber das einbadige EchtfStrben von Mischungen aus-Polyacrylnitril-und Cellulosefasem mit Basacryl-Acryl-und Indanthren-Farbstoffen.
著者 (1件):
資料名:
巻: 49  号:ページ: 833-836  発行年: 1968年
JST資料番号: D0038A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
アクリル繊維とセルロ一ス繊維の混紡品の従来の2浴染色を簡単に記述し,続いてこれらの混紡品のカチオン染料と建染染料によるi浴染色の二三の可能性について観察を行なう。最も安全で,それゆえ最も有用な方法の1つはDefithermnの原理でアクリル側を染色し,つぎにセルロースをインダンスレンで染色する1浴2段染法(Basahthren法)である。また,この方法による2色染めの方法と,Basanthren法の経済性についても言及する;写図表畫3

前のページに戻る