{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011771914968   整理番号:68A0331934

回虫運動に及ぼす駆虫薬効果のGoodwin法による観察

著者 (1件):
資料名:
巻: 82  号:ページ: 87-96  発行年: 1968年
JST資料番号: F0877A  ISSN: 0029-0440  CODEN: NIGZAY  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
Goodwinの方法は無傷の回虫の薬物に対する反応を直接記録できる点で他法と比して有利と考え,本法を用いて既知9種の薬物の駆虫効果を調べたところ,サントニンは回虫の緊張性運動を高め,やがて運動失調を起こさせるが,サントニン酸ナトリウムは回虫の運動の間に介在する静止期間の延長を生じ,カイニン酸は運動興奮を与えることが判明.これらに反し,ピペラジン.ヘノポジ油,アラントラクトン,ヘキシルレゾルシンはすべて回虫にそれぞれ特有な激しい運動を生ぜしめ容易に死に至らしめた:参15
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る