{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011795603084   整理番号:60A0058619

フェノールと共存するナフタリンのピクリン酸分光光度法による定量

Фотометрический пикратный метод определения нафталина в его смесях с фенолом.
著者 (2件):
資料名:
巻: 15  号:ページ: 119-120  発行年: 1960年
JST資料番号: R0134A  ISSN: 0044-4502  CODEN: ZAKHA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ピクリン酸のジクロロエタン溶液にフェノールまたはナフタリンを加えると吸収帯が長波長へ移動する.ナフタリンの効果の方がずっと大きいことを利用して吸光度測定により混合物の組成比を定量

前のページに戻る