{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011799490365   整理番号:68A0067992

メタルの肉盛りの経済効果に関するいくつかの問題

Некоторые вопросы экономической эффективности наплавки металлов
著者 (1件):
資料名:
巻: 21  号:ページ: 65-67  発行年: 1968年
JST資料番号: R0163A  ISSN: 0005-111X  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
肉盛りの経済的効果は摩耗損失が部品重量の3~5%を越えない大量のメタルを反復利用可能であることが第1である。つぎに鋳物部品の巣を肉盛りして部品の再生をはかることも重要な経済効果であ),これに関して3個の式を提起して説明を加えている。終引て肉盛少された部品の運搬に関する式を提起し,現場における実際データによって証明を試みている。このようにメタルの肉盛りが普及されると一般の生産性の効果も将来促進することになるであろう
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る