{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011800260689   整理番号:68A0246519

へクラ社のメイフラワー鉱山で採鉱作業に水力砂充てんを採用

Heclas Mayflower min-e usea hydraulic sandfill in atop.ing operations.
著者 (1件):
資料名:
巻: 20  号:ページ: 80-82  発行年: 1968年
JST資料番号: D0087A  ISSN: 0026-5187  CODEN: MIENA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
同鉱山は銘タ州,ark市の南東にあり,鉛,亜鉛のほか,金銀採を掬掘しているJ駐在の採屈切羽憶深慶720mで,採掘方法にはカットアンドフィル法を採用している。1962年に水力による砂充てん方式を用いるようになってから,従来問題にされていた充てん材料の運搬,貯蔵,充てんが円滑に行なわれるようになり,採掘作業が非常に能率的になった。この方式により,現在まで225,000tの砂充てんを実施し,1967年における所要経費は,人件費,材料費を含めて採掘鉱石tあたり262.5円であった。本文では同鉱山における砂スラり輸送,貯蔵タンク,充てん方法について紹介;写図3表1
タイトルに関連する用語 (6件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る