{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011801827011   整理番号:68A0107664

融解塩の摩擦定数

Friction constants for fused salts.
著者 (2件):
資料名:
巻: 72  号:ページ: 3001-3006  発行年: 1968年
JST資料番号: C0334A  ISSN: 0022-3654  CODEN: JPCHAX  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
まず摩擦定数がBrouenの拡散モデルから計算された。その摩擦定数はLaplaceの内部分子ポテンシャルに依存するので,クーロンポテンシャルは零の値になりその寄与はポテンシャルのけわしさが増すと増加する。この反ぱつポテンシャルはその摩擦の80-90%にもなる。動径分布関数の各ピークに対しもしGaussが使用されるならばそして指数反発ポテンシャルが利用されるならば摩擦に対する主要な寄与はもとの小さい空間を除外することにより分析的に算出することができ,London力に対するわずかの補正もグラフから計算できる。回折データからKClの摩擦定数が評価された;表4参15
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る