{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011812357386   整理番号:68A0122846

ふっ素イオン活性電極を用いるタングステン中のふっ化物の直接定量

Direct determination of fluoride in tungsten using fluoride ion activity electrode.
著者 (2件):
資料名:
巻: 39  号: 11  ページ: 1304-1305  発行年: 1967年
JST資料番号: A0395A  ISSN: 0003-2700  CODEN: ANCHAM  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
試料をNaNO3+NaOHで融解し,水溶液とする。これを塩酸で中し,pH 6.0~6.2に調節,飽和カロメル電極を補助電極として標記電極でF-を測定する。試料1g中の2~100 μg Fを±2μgの標準偏差で定量。1日に8~12定量が可能;図1 表1 参4
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る