{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011825137822   整理番号:68A0325504

ナフタザリン-銅キレートの電気伝導

著者 (2件):
資料名:
巻: 25  号:ページ: 918  発行年: 1968年
JST資料番号: G0509A  ISSN: 0031-9015  CODEN: JUPSA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: 日本 (JPN)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ナフタザリン(Naph)水溶液に水酸化銅を加えて作った化合物Naph1-s(Naph-Cu)xの電気伝導を測定し有機半導体に対する金属の影響を研究.温度は室温から70°C迄,印加圧は50volt/cm.エネルギーギヤノブΔEはxの値によらず,したがってNaphのときと同じで約leV電気伝導度δはxにおよそ比例して増加することが判明.δの増加は測定条件にはよらない.隣接するNaphの肝軌道の重なりは銅の介在によってふえ,これより共鳴積分の値が増大しエネルギー帯の幅が増し,したがって銅の量とともにσが大きくなるものと推定:参4
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る