{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011830442323   整理番号:68A0103632

最近のスタール・ラパル社舶用タービンプラント

著者 (1件):
資料名:
号: 463  ページ: 30-38  発行年: 1968年
JST資料番号: G0174A  ISSN: 0386-1597  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
舶用タービンおよび蒸気プラントはこの5,6年経済性の向上を目ざして改良されてきた。スタール・ラパル社も従来のPシリーズ標準機関から小型軽量のシングルプレーン配置APシリーズを1963年に発表遊星歯車を使用した点が特徴となっている。高圧タービンはラトー9段構成6000rpm低圧タービンは8段である。蒸気条件を60ata 510°Cとし出力10000~40000を標準化している。また推進効率の改善については低主軸回転や二重反転プロペラが注目され,まもなく受注態勢が完備される。今後タービンのみでなくベラを含む全体の経済性を考え設計が進むであろう;写図9表3
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る