{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011852469748   整理番号:68A0051412

没水回転体の抵抗について化

資料名:
発行年: 1968年
JST資料番号: Z0000A  資料種別: 不明
記事区分: 原著論文  発行国: その他 (ZZZ) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
回流水槽において長さ幅比の異なる4種類の回転体を用いて,没水深度を変え造波および造渦による抵抗を測定している。没水深度f/B(f:水面から回転体軸’までの距離,B:回転体の最小幅)が0.4~0.8の範囲では,造波および造渦による抵抗は他の深度の場合より一段と大きく,Froude数が0.8以下ではその大部分が造渦による抵抗であると報告。さらに深度f/Bが異なる場合についてもFroude数と関連して,この抵抗の変化について検討している。しかし浅い深度で回転体が。渦を伴うこのような場合の抵抗を理論的に論ずることは難しいと紹介;写図8表1参6
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る