{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011859660338   整理番号:62A0053389

モノコック構造の車体について

Built like an egg.
著者 (1件):
資料名:
巻: 121  号: 3139  ページ: 920-923  発行年: 1962年
JST資料番号: D0125A  ISSN: 0143-6945  CODEN: MOORA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
鳥の卵の型は人類の知っている最も効率のよい形体である.過去50年間の自動車車体の発達を見るとはしご形の車体構造から次オにモノコック構造へと発達して来ている.過去の乗用車車体設計の変避を簡単に見てモノコック車体がなぜ車体構造として効率がよいか計算方式を示し,モノコック車体の本来の意味を説明し最近のロタス25の様な車の出現がモノコック車体構造へ更、に一歩前進傾向にある報報告している;写3図4
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る