{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011877493910   整理番号:68A0202263

複数伝送路を用いた高信頼度符号伝送方式の開発皿1200ボの場合

著者 (2件):
資料名:
号: 68018  ページ: 1-34  発行年: 1968年
JST資料番号: F0437B  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
互に異なる2ルートの伝送路に符号情報を送信し,受信側のSDQ,Parity check機能により符号誤りの検出および訂正を行なう符号伝送方式の現場試験結果について述べた。実用マイクロ波回路を用いて1200ボーの試作装置により約15日間の実験を行なった結果,本方式の出力符号との誤りはゼロであった;写図16表12参5

前のページに戻る