{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011887369339   整理番号:62A0042513

進んだ原子動力装置の展望

Prospects for advanced nuclear systems.
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 276-289  発行年: 1961年
JST資料番号: B0035A  ISSN: 0004-6205  CODEN: ASACA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
推進剤を加熱,ノズルで加速を行なう核分裂反応炉使用の動力源の究極性能を.反応炉には温度限界がないものとして.また.ラジエータをもつ一般化されたモデル機関を想定して検討.反応炉中では分裂物質はガス伏とする。推進剤による再生冷却が機関冷却の唯一の方法である場合には分裂反応炉の比惟力は固体燃料反応炉の3倍程度.冷却器の組み合わせでは.比推力の限界は緩和されるが,推力/重量比が1以下になる。上述のモデルを.(1)大加速度,(2)小加速度飛行体に応用.(1)は.水素を推進剤とすれば2,200secの比推力に相当,ペイロードの比率が顕著に大(2)は近くの遊星への旅行時間を短縮;図4表4参5
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る