{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
文献
J-GLOBAL ID:201602011894042302   整理番号:58A0035031

微生物を用いる反応 III 微生物によるカルデノリドの変化 II ギトキシゲニンからジギナチゲニンの生成

Umwandlung von Cardenoliden durch Mikroorganismen II. Diginatigenin aus Gitoxigenin. 3.Mitteilung UEber Reaktionen mit Mikroorganismen.
著者 (2件):
資料名:
巻: 41  号:ページ: 1762 - 1769  発行年: 1958年
JST資料番号: C0113A  ISSN: 0018-019X  CODEN: HCACAV  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: スイス (CHE) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
[Fusalium lini によリギトキシゲニンはジギナチゲニンに変化。ゆえに5β-カルデノリド-(20:22)-残基は3β-,14β-,16β-位と12β-位に水酸基を持つ。ジギナチゲニンの構造:〓
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る