{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011899856073   整理番号:68A0044368

リズレーの大学用研究炉の動特性測定

ZUdt Transfer function measurements on the universities research reactor at Risley
著者 (2件):
資料名:
号:ページ: 146-150  発行年: 1968年
JST資料番号: C0273B  ISSN: 0007-1587  CODEN: JBNSA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
リズレーの大学用(リバプール,マンチェスタ大学)研究炉の熱特性を含む高出力時動特性のモデルを作り実際の測定と比較した。モデルは200kW以下の範囲で熱効果としては燃料と冷却材のそれをとりあげた。測定は通常のパイルオシレータ法を用い,原子炉の出カレベルと冷却材流量を変えた場合について実施した。印加反応度は約2.7×10-4で測定帯域は0.02~100rad/sである。測定データの処理はフーリエ解析に依った。得られた結果は理論値と各出力レベルについてかなり良く一致しており,殊に出力に依存する低周波領域の特性の差が実験的にも明瞭に示されている;写図8参7
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る