{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011920925501   整理番号:68A0195673

処理と仕上げ

chanical treatment finishing.
資料名:
巻: 118  号:ページ: 164-175  発行年: 1968年
JST資料番号: E0246A  ISSN: 0040-5213  CODEN: TEWOA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
しず一これからの100年間に予想される技術の進展状況を年代順に説明するほか,過去100年間にける変遷も紹介。25年後では,仕上工場は統合途上にあり,計算機を導入して処理,化繊が大部を占め,生産速度は3倍。50年後には,化繊の大規模な製造がおこなわれ,不織布の市場占有率は50%以上,気相漂白部やフラッシュ固着部をもつなっ染装置が出現。75年後になると,綿やウールは5%に減少して,染顔料は高周波やアイソトープの作用で繊維と一体化してお,,洗たくよはは着捨ての安価傾向。100年後においては,顧客が店頭で決める仕様が,パンチカードで,2時間後にでき上り出荷;写9図8
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る