{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011921400119   整理番号:68A0157628

膜フィルター上で細菌を染色する改良法

Improved technique for staining bacteria on membrane filters.
著者 (2件):
資料名:
巻: 16  号:ページ: 433-434  発行年: 1968年
JST資料番号: A0427A  ISSN: 0003-6919  CODEN: APMBA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
MilliPorlフィルター上で細菌を染色する方法を改良。最初酸性フクシンで処理し,ついて稀メチレンブルーで膜上の酸性フクシンを脱色するpH(6.5)で処理する。細菌は薄い蕎色の背景に暗赤色にみえる。栄養細胞は濃く染まり,胞子は真中が薄赤色に,辺縁が暗赤色になる。グラム陽性菌と陰性菌,新鮮な細胞と凍結乾燥した細胞で差はない。フィルターを脱色するのは2分とすることが重要である。長過ぎると細菌の中のフクシンをも脱色し,背景の青色を濃くす。メチレンブルーのpはは6~6.5の間であることが必要;写図1
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る