{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011924343825   整理番号:68A0237811

けい素とほう素を合金したクロムニッケル合金のプラズマ肉盛

Плазменная наплавка хромоникелевых сплавов,легированных кремнием и бором.
著者 (3件):
資料名:
巻: 21  号:ページ: 58-62  発行年: 1968年
JST資料番号: R0163A  ISSN: 0005-111X  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
肉盛りされるクロムニックル合金はけい素およびほう素を合金されるが,製品としては鋳造細棒の形状のものと粉末状のものとある。プラズマ肉盛では粉末の合金をアーク中に吹きこむことによって高生産プロセスおよび母材の少量溶融が保証される。この肉盛方法は質を向上し,労働条件を改善する。著者等は耐摩耗性ニックルクロム合金のプラズマ肉盛プロセスおよび肉盛メタルの性質をつぎの項目順に考察している。(1)肉盛設備(2)肉盛用材料。ПГ-ХН80СР2,АП-6など5種類が使用された(3)肉盛メタルの組成と性質(4)肉盛技術;写図6表3参13

前のページに戻る