{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011961069261   整理番号:62A0111762

ニッケルを含有する化合物や触媒

Composes et catalyseurs a base de nickel.
著者 (1件):
資料名:
巻: 86  号:ページ: 666-669  発行年: 1961年
JST資料番号: B0277A  CODEN: CHIEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
金属として以外につかわれるNiの用途の紹介とその工学的現状についての説明.先ず触媒として消費されるのが最も多くアメリカで1959年に1553トンをつかっている。又電解用溶液のNi塩,セラミック用のNio,ニッケル.鉄アルカリ電池に用いる水酸化ニッケル寄生菌駆除剤などの農薬,ガソリンなどのアンチノツ〓剤としてのニッケルカ~カルホニル,グリス用には脂肪酸のNi塩などがある
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る