{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011964365791   整理番号:68A0099849

星の場のセソサのための感度条件

Sensitivity requirements for starfield sensors
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 728-729  発行年: 1968年
JST資料番号: A0061A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ベルギー (BEL) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
天球内のセンサの位置に無関係に,星の場のセンサの特定の円形視界の中に,nケの星が最低含まれるに必要かつ十分な感度を決定する解析技術を記述する。円視界は頂角θの円すいで表わし,頂点を天球の中心と一致させ,円すいの軸を指向する場の方向とし,その円すいと天球の交線の小円で星の場を決定する。nケの星を中心とする上記の小円でn回重さなった領域は,どんな位置でもnケの星を最小限含む視界θの範囲を示す。この重なりは,星の光度のいき値を決めることにより,数学的に決定できる。例えば2θ=20°のとき,約5マグニチュード以上星感度を必要とする;写図3表31参3
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る