{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011965420265   整理番号:68A0111482

ジメチルスルホキシド中の水素電極の機能

Fonctionnement de 1’electrode a hydrogene dans le dimethylsulfoxyde.
著者 (2件):
資料名:
巻: 266  号: 20  ページ: 1438-1441  発行年: 1968年
JST資料番号: B0611A  ISSN: 0567-6541  CODEN: CHDCAQ  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ジメチルレスルホキシドを溶媒とした場合,強酸では2H屯+2e-H2(H+はジメチルスルホキシドに溶媒和されたヅロトン),弱酸では,2HA+2eH2+塾A一で,いずれもE=f(log C)は直線で,59nVのこう配をもち,アルカリの場合,2CH3SOCH3+2e群H2+2CH3SOCH2-でこう配は60mVであり,全領域で,水素電極はH+の濃度の測定に用いることが可能。いくつかの酸,塩基のpKAを決定。イオン性生成物の場合はpKc=33.3±0.5となりReddyの値(pKc=17.3)と非常に異るがSteinerの値(pKc32)とはよく一致している;図1参9
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る