{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011970835252   整理番号:68A0247148

一人前に成長した坑内大口径掘削

Big-hole drilling is coming of age underground.
著者 (1件):
資料名:
巻: 20  号:ページ: 41-46  発行年: 1968年
JST資料番号: D0087A  ISSN: 0026-5187  CODEN: MIENA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
八桝最近掘削技術の進歩に伴って坑内掘鉱山でも大口径掘削に対してかなり関心をもつようになってきた。米国では1967年に10社が径1.5mへ2.7m,深さ140m~840mの立坑を27本掘削して澄り,またトンネル掘進に慶いてもロビンス社,ヒューズ社の掘削機が幣ite Pine鉱山,Mother“B”鉱山などで好成績をあげている。またレイズボーラはビュート鉱山で径18mの掘上りを220mさく孔している。本文ではこれらの機械掘削の長所と短所をあげ,最近の実績を紹介;写図7表1
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る