{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011992478437   整理番号:60A0100471

偏極可能なKCl結晶と価電子帯の正孔との相互作用

Interaction of a polarizable potassium chloride crystal with a valence-band hole.
著者 (1件):
資料名:
巻: 1960  号: 146  ページ: 1-50  発行年: 1960年
JST資料番号: B0237B  資料種別: 技術報告 (T)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
結晶と正孔とのCorreltionaを考慮して, KCIの価電子帯を変分法で計算した.結晶のイオン分極だけ考慮した計算を始めに行ない,次に電子分極の修正を加えた。この研究の主題である.Corelationの測度を単一パラメータ.としていれて,変分パラメータとしている.イオン偏極を考えず電子偏極だけを考えた場合の価電子帯の幅を考察している.正孔のLanduトラップの議論も行なわれ,スピンス共鳴の実験と比較している
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る