{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011993505462   整理番号:68A0139081

ウシのペシノーゲンとペプシンIペプシノーゲンの単離,精製および性質

Bovine pepsinogen and pepsin.I.Isolation,-purifi-cation,and some properties of the pepsinogen.
著者 (2件):
資料名:
巻: 243  号:ページ: 1718-1724  発行年: 1968年
JST資料番号: E0038A  ISSN: 0021-9258  CODEN: JBCHA3  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ウシ第四胃の粘膜よりペプシノーゲン(I)を抽出した。精製は硫安分画,DEAEセルロースのバッチ法による吸着,SephadexG-100によるゲルろ過,DEAEセルロースによるクロマトグラフによった。クロマトグラフは,アミノ酸分析,超遠心,末端アミノ酸分析,ディスク電気泳動などで単一である。362±2のアミノ酸残基がある。ブタのものとよぐ似ていて特に酸性アミノ酸が多く塩基性アミノ酸の少ないところが似ている。1の分子量はアミノ酸分析では38,900,超遠心の結果では37,500であった;写図7表2参36

前のページに戻る