{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011998860627   整理番号:68A0228576

応力腐食

Stress corrosion.
著者 (3件):
資料名:
巻: 40  号: 17  ページ: 188-194  発行年: 1968年
JST資料番号: D0003A  ISSN: 0024-9114  CODEN: MADEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
B.52爆撃機の地上における藩陸装置用シリンダの突然の破壊,アポロ宇宙船のTi-6Aユー4Vチタン圧力容器の破壊,ステンレス鋼製ベローの突然の破壊,左ど原因のはっきりしない破壊現象が多く環われるが,その一つの原因として応力腐食が考えられろ材料の機械的性質は,多ぐの場合,実験室内の数値にっってきめられる。しかし実際の使用環境では強さが少なぐとも5~10%低下するとレわれている。たとえば引張強さが85,000psiのステンレス鋼を沸騰塩化マグネシウムの中に3時間おいた後はかると10,000psiに低下している。これは明らかに応力腐食の結果である。応力腐食の原因学説などの概要について解説;写図7参11
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る