{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011999003680   整理番号:60A0067926

トウモロコシから作られる結合剤:“Mogul”

American lava uses Corn derivative binder in Ceramic Production.
著者 (2件):
資料名:
巻: 73  号:ページ: 86-88,111  発行年: 1959年
JST資料番号: B0243A  ISSN: 0009-0220  CODEN: CEINA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
Corn Prodncts Sales CoのMogul Gereal Binder B211はたんぱく質を6%含む水溶性ののりである.これは未焼成品の強さを増し,また可塑剤としても役立つ.使用量は窯業原料の性質,成形方法,成形品の大きさと形状により,その都度定めねばならないが概してMogal 1~2%,水2~15%窯業原料80~95%の範囲内にある.その使用により小は複雑な電気部品から大は土管までが経済的に成形される
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る