{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011999830632   整理番号:68A0142682

ヒヒの脳のコルチコステロイド-21-O一アセチルトランスフェラーゼの性質

Properties of corticosteroid-21-0-acety1transferase from the baboon brain.
著者 (2件):
資料名:
巻: 11  号:ページ: 851-862  発行年: 1968年
JST資料番号: C0103B  ISSN: 0039-128X  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ヒヒの脳のホモジネートの可溶性たんぱく区分におけるコルチコステロイド-21-O一アセチトランスフェラーゼ(I)の活性を測定。砥15MのNaCl,50πMのチォグリコラトおよびα5血MのED一TAを含むPH6.4の緩衝液でホモジネートしたものからの酵素量が最大。105,000gの上澄からの30~50%硫酸アンモニア区分において,8倍の活性に精製。活性はアシチオーとコチコステロイドの存在による。また酵素反応の可逆性も測定;写図2表3参12
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る